シェアする

コンテンツを創る時に必要な1つのこと

シェアする

Passion Pit

コンテンツを創る時に必要な1つのこと

「コンテンツ」というと堅苦しいので、あなたがブログやメルマガなどを書く時のことを考えてください。「何を書こうかな」と悩む時がありますよね。そのようにコンテンツを書いたりする時にとても重要なことがあります(企画書をつくる時も重要です)。

僕はその重要な1つのことを意識しているおかげで短期間で出版が3冊決まり、コンサルティングなどの契約も得られていると思ってます。みんな当然だと考えていることですが、考えている以上にそれは大きい。それは何か…

「情熱」

情熱のあることを書く。情熱があることを創る。情熱があることをする。できれば、情熱をもち得意なことをです。

ビジネスと同じように考える

ブログやメルマガをただ書いている人は別です。でも、何らかのビジネスにつなげたい人はここは重要です。そのブログやメルマガをビジネスと同じように考えてみてください。

「自分の情熱なんて関係ない。お客が求めるモノを提供するんだろ」そう思うかもしれない。それはそのとおりです。お客があなたの商品を買うと決め、お客があなたの商品にお金を払う。当然、「お客」が重要だし「お客」の求めるモノを提供するのは大前提です。

その上で「情熱」です。確かに情熱がないことでもビジネスで儲かることもあります。でも全く同じビジネスをする人が2人いて、仕事内容、質、価格が同じであれば、当然「情熱」を持つ人から買いたい。

「この仕事が楽しくて楽しくて仕方がない」という風に仕事をしている人(楽(らく)をしている意味ではない)と、「この仕事がイヤでイヤで仕方がない」という風にうつむいて仕事をしている人では結果が変わる。お客のことを一度や二度ならダマせるかもしれない。短い期間の顧客との接触であればバレないかもしれないけど、ビジネスはマラソン。いずれ続かなくなる。

必ず無理が生じます。ブログやメルマガ、その他のコンテンツ(文章)もそうです。あなたの情熱が伝わります。

「お金」を第一の目標にしないこと

Forex Money for Exchange in Currency Bank

ただここで邪魔してくるのが「お金」。儲かるか儲からないかの基準で物事を判断し、「こちらの方が儲かりそう」と自分の情熱を無視してしまうとうまくいかない。

そもそも物事はうまくいかないこともある。そのうまくいかない時に辛くなります。

「結果がでない」

「お金が儲からない」

「好きじゃない」

「もう辞めようかな」

そう思ってくるわけです。それでは長続きしません。

好きなことは違います

自分が情熱を感じていることを続けているわけです。直面する幾多の挫折や失敗、うまくいかないことがあっても乗り切ることができる。さらに得意なことであれば、そこに情熱がある限り、その得意なことはさらに得意になっていきます。

だからこそ、デール・カーネギーの「分別と忍耐力に支えられた炎のごとき情熱を持つ人は、一番成功者になれる資格がある」という言葉どおり、「情熱」を持つコンテンツを書くこと、創ることです。

ビジネスにつなげるブログやメルマガのコンテンツを書くのであれば、ビジネス同様、「情熱」を持つことを書いていくことです。その「情熱」があなた自身の行動を継続させ、いくつもの失敗を乗り越えさせ、自身の能力を高め、顧客を引き寄せていきます。

最後に…これは自社(自分)の商品が売れない人にも重要なことです。本気で「これはいいモノだ」と情熱をもっていれば、本気でそれを売ることができます。どこかに「悪いモノを売っている」という気持ちがある限り、顧客にもその自信のなさが伝わっていきます。そのような方には特に「情熱」が必要です。


あなたへの質問

・あなたは自分の創る(書く)コンテンツに情熱を持っているだろうか?

・あなたは自分の仕事や商品に情熱を持っているだろうか?


参考)自分の仕事に情熱をもてない場合、どうするのか?

方法は2つ。目の前の仕事で情熱をもてるモノを探すか、他で探すかです。

目の前の仕事に本気で取り組んでも、情熱をもてるモノが見つからないのであれば、嫌々続けても素晴らしい成果は出ない。それではそもそも続かないし、辛い厳しい状況に直面した時、それを乗り越えることができない。いずれにしろ、情熱をもてるものがないのであれば、それを探すこと。目の前の仕事でもそれ以外の仕事でもいいから、探すことです。