シェアする

一瞬でブログ記事を読者の役立つものに変える3つのポイント

シェアする

WATCH this space!

一瞬でブログ記事を読者の役立つものに変える3つのポイント

ブログの記事を投稿する直前に押さえてほしいポイントが3つあります。これを意識するだけであなたの記事は読者により「役立つ」ものになっていきます。

広告を展開するのでなければ、通常、ブログへはSNSからのアクセスか検索からのアクセスになります。ただSNSは一時的なアクセス。あなたが投稿した瞬間にアクセスが高まり、その後は低くなります。なので、基本的には長期のアクセスが見込める「検索」を意識して、記事を書くことです。ここであなたに質問があります。

最近、あなたは検索したことがありますか?

あなたが何を検索したかはわかりません。でも、どんなキーワードでも同じことがあります。それは検索した瞬間、それに関する情報を欲していたということです。あなたはその時、何かを欲していたんです。

例えば「SEO 対策」などと検索をしたのであれば、今(その時)そのことが知りたいということです。通常の広告などとは全く違います。全く興味を持っていない人に対して「○○(商品)はいかが」というような広告とは違うんです。

相手は「今」欲している。その相手に対して読まれるのがブログです。勘違いしないでほしいのですが、「今」すぐ解決するものでなくともいいです。例えば、想定ターゲットが司法試験の勉強を始める人のためのブログだとします。数年の勉強が必要な司法試験の勉強について書くのに「今すぐ司法試験に合格する方法」というものじゃなくともいいわけです。

もちろん本当に解決するモノならいいのですが…単にアクセスが欲しいだけでそのようなタイトルにするのは避けた方がいいです。確かに注意を喚起し読まれる可能性は高いけど、読まれた後で「うさん臭い」と思われてしまい、二度とアクセスされなくなる可能性だってあるわけで

「今」欲している相手ですが、基本的には3つに分類されます。それを意識して記事を書くわけです。

1.今すぐ知りたい

2.今すぐ行動したい

3.今すぐ問題を解決したい

今すぐ問題を解決できるものでなければ、行動できるものでもいいわけです。行動できるものを提供できないなら、今すぐ知っておくべきものでもいいです。この3つのどれかを意識して書くことです。

具体的に言えば、「司法試験合格率80%の勉強法」とかでもいいわけです。

今すぐに合格するようなものでなくても、今すぐに知っておくべきもの、行動できる(勉強できる)ものでも「役に立った」と思うわけです。その後、実際に成果が出れば、あなたが紹介した内容はますます信頼され、読者はブログのリピーターになっていくわけです。

「今」を意識することです。「今」検索している人に対して、提供することを考えてみるだけで記事も変わります。タイトルや記事が強力なものになれば、アクセスが高まり満足度も高まりリピーターも増えていきます。ぜひ試してください。