シェアする

読者の反応を高めるブログを書く5つの秘訣

シェアする

Jump

読者の反応を高めるブログを書く5つの秘訣

ブログを書いても書いても「読者の反応がない」という方がいます。全く反応がないとやる気がなくなりますよね。

でもそのような方にはある問題があります。今回はそのような方の問題を解決し、読者の反応を圧倒的に高める「5つの秘訣」をご紹介します。

これらに取り組むことで成果が上がっていない方は間違いなく、反応が変わってきます。

秘訣1:目的が明確でない

「一体、このブログは何のために書いているんだ」とあなた自身の目的が明確じゃない場合、当然のように読者の反応はありません。記事を読んでもらい、読者に何をしてほしいのか? その目的があなた自身が明確でなければ、当然読者にも明確ではなく、行動はしません。

メルマガに登録してほしいのか?何かのセミナーに申し込んでもらいたいのか?それを明確にすることです。目的を何も考えていないのであれば、読者も何も考えることはできません。

秘訣2:行動が明確でない

目的と同じですが、読者に何をしてほしいのか、読者に求める「行動」が明確ではないわけです。「お客さんになってほしい」という漠然としたものではなく、大切なのは記事を読んで「何」をしてほしいかです。それを明確にして伝えることです。

あなたのブログの読者が「この記事は役に立つ」と思っているなら、何らかの反応が確実にあります。行動を明確にし、その行動をしてもらうように伝えるのです。

「押し売り」はしたくないという人もいると思います。でも本気で良いモノ(商品やサービス)を届けているのであれば、それは押し売りではありません。本気のモノを多くの人を助けるために提供しているのです。自信をもって届けることです。

秘訣3:CTAを用意していない

CTAというのは「Call To Action」の略。「行動喚起」の意味ですね。読者にとってもらいたい行動に誘導するわけです。

秘訣2に近いですが、読者にしてほしい行動を明確にしたら、記事の最後にそのためのCTAを用意します。「行動喚起」のフォームやボタンなどを用意し、それを促すということです。CTAの種類は次のようなものがあります。1つに絞ってもいいですし、複数掲載することも可能です。ただ最初の段階は読者の負担が少ないものからスタートした方が賢明です。

CTAの種類
・購入/申込
・資料請求
・無料レポートなど
・メルマガ登録
・SNS(FacebookのファンやTwitterのフォロワーになってもらうなど)

秘訣4:全ての記事に「行動喚起」を用意

人が動く瞬間は予想できません。今まで必要なかったモノを突然欲しくなる時だってあるわけです。ふと「買ってみようかな」と思うわけです。そのような人の動きに対応するため、ブログの全ての記事にCTAを用意してください。全ての記事で「行動喚起」をしていくわけです。

秘訣5:記事と行動に一貫性を持たせる

CTAが全ての記事に用意されているのに、成果が出ない場合によくあるのですが、記事と喚起する行動に一貫性がない場合が多いです。

そこを一貫性を持たせるように改善していきます。記事に一貫性を持たせ、さらに読者に求める行動とも一貫性を持たせるわけです。それにより読者は「行動」しやすくなります。


まとめ

秘訣1:目的が明確でない
秘訣2:行動が明確でない
秘訣3:CTAを用意していない
秘訣4:全ての記事に「行動喚起」を用意
秘訣5:記事と行動に一貫性を持たせる

この5つを用意し、ブログを正しく更新していけば、確実に読者の反応は増えていきます。

もし、あなたが「目的」が明確でない場合、「何のため」にブログを書くのか、それを明確にすることです。それが決まれば、秘訣2から5は決まっていきます。ブログがビジネスにつながる大切な部分です。ぜひ取り組んでください。