シェアする

売れるカリスマの創り方

シェアする

Georgia May Jagger

差別化しづらい商品を扱っている場合、どうすればいいですか?」

経営者や個人事業主の方にあなたがそう聞かれたら、何と答えますか?

新しい商品を創る? 何らかの差別化をする?

もちろん、そうですが……、

それでも差別化しづらい商品を扱っている場合はどうすればいいのか?

その場合、商品で差をつけられなくても差をつけることができるのが「企業」や「経営者」です。

特に「経営者」の見せ方を高めることは重要です。

経営者の見せ方を改善することはただ経営者の評価が高まるだけではない。

経営者の評価が高まれば……、顧客からは「(経営者が素晴らしいのだから)この企業はいい」「この商品はいい」と商品の価値さえも高まっていきます。

(どのように改善すればいいのか、興味がある方はお問合せください。クライアント企業の中にはこの部分を対処し、実際にレスポンスが高まり、結果が得られているケースもあります)

最新刊『世界を変える「自分」になる19の法則』の第5の法則はまさにジョブズによる「経営者」の見せ方に関する内容で経営者や個人事業主の方からの評価が高いです。次の読者の方のように、です。

第5の法則に対する読者の方のレビュー

ここに書かれていることは見落としていました。特に「経営者の表紙の2つの見せ方」は非常に参考になりました。

カリスマやブランディングなどの本はぐちゃぐちゃで何が伝えたいのか、はっきりしないものが多い気がしますが、これはそれらと異なり、具体的でとにかくわかりやすく、とても為になります。

「●●的」と「●●的」で大きく見せるというのは早速取り入れたいと思います。

ジョブズの「カリスマ」はこうして創られたのか、と垣間見える内容でした。

『世界を変える「自分」になる19の法則』第5の法則に対する読者の声

商品の差別化が難しいなら、経営者の見せ方を変えればいい。経営者の見せ方を改善すれば、企業や商品の価値も高まるわけです。商品やサービスの改善に加え、それらを改善すれば、結果は変わってきます。

スティーブ・ジョブズのカリスマを知り、少しでも取り入れたい方は『世界を変える「自分」になる19の法則』の第5の法則です。早めに読んでみてください。

『世界を変える「自分」になる19の法則』

現在、Amazonの評価で5段階中4.9と高い評価をいただいている1冊です。KindleなのでKindle端末やスマホやタブレットで今すぐに読んでいただけます。

※googleで検索する場合は「世界を変える自分」と検索すればすぐにページが出てきます。

スティーブ・ジョブズの「世界を変えた力」が対話形式で無理なく自然に手に入ります

最新刊『世界を変える「自分」になる19の法則―スティーブ・ジョブズの教え』

Amazon消費者部門ベストセラーランキング6位(2015年5月28日段階)

5点満点中4.9

「最高のビジネス哲学書 ★★★★★
複数の会社の運営に携わっている立場からみても、刺激的でかつ共感できる内容。
年齢的に早い段階でとにかく読むことをお薦めします!」

ご質問・ご要望は遠慮なくお問合せください。

「中身を読んでみたい」という方はまず「無料」でサンプルをご一読ください。