シェアする

Apple Watchはどうか?

シェアする

IMG_7844_Fotor

僕はかなりの時計好きで色々と時計を集めてきたのですが、今はお気に入りの一本をずっと着けてます……と以前、フェイスブックなどには投稿しました。

ただ、少し前にそのお気に入りの時計からApple Watchに変えてみたんですよね。

実はAppleWatchを決めるのに二転三転しました。

「気に入っている時計があるのだから、今はやめよう」と予約をキャンセルしたり、「絶対に使わなくなりそうだな……」とまたまた買うのをやめた。「カッコ良くない気もするし」などと思ったこともある。

で……、思い切り、デジタルっぽい時計で飽きてもいいようにと一番安い38mmのスポーツの白にしました。

「サイズは38mmってどう?」と聞かれるのだけど、僕の手は非常に大きいけど、それでも38mmで十分なので、悩んでいる方は38で十分だと思う。

そもそも、iPhoneのように操作の頻度は高くないし、時計のサイズとしてはこのくらいが最適だと思う。あと、ベルトは絶対に変えた方がいい。僕はバンド(ベルト)に好きなものがなかったので、すぐに変えました。

今は画面に合わせて、黒のベルトに赤のステッチで合わせています。スーツなどであれば、靴やベルトに合わせて「黒」や「茶」に変えた方がやはりピッタリと来るし。使うシーンによって、色々なベルトに変えた方がいいと思います。

感想は今後書いてみようと思いますが、一つ言えることは、iPhoneのように自由に使わない方がいいということ。最適な方法を考えて使った方がいいのがこのAppleWatchなのだと思う。

まず、使っている人にオススメなのは写真の画面(時計の画面は変更できます)。通常の時計にはないのがこのスケジュールで。常にスケジュールが表示されることで、より時間を意識した仕事ができるようになります。ほんの些細なことなのだけど、この変化には驚いた。これだけでも価値がある気がしています。感想は色々あるのだけど、まずはここまで。また、別途お話していきたいと思います。

あと、こちらもオススメです。

新刊 『世界を変える「自分」になる19の法則』

現在、Amazonの評価で5段階中4.9と高い評価をいただいている1冊、スティーブ・ジョブズ関連の本の中でもレビューの評価順でみると現在1位です。

※googleで検索する場合は「世界を変える自分」と検索すればすぐにページが出てきます。

スティーブ・ジョブズの「世界を変えた力」が対話形式で無理なく自然に手に入ります

最新刊『世界を変える「自分」になる19の法則―スティーブ・ジョブズの教え』

Amazon消費者部門ベストセラーランキング6位(2015年5月28日段階)

「最高のビジネス哲学書 ★★★★★
複数の会社の運営に携わっている立場からみても、刺激的でかつ共感できる内容。
年齢的に早い段階でとにかく読むことをお薦めします!」

ご質問・ご要望は遠慮なくお問合せください。

「中身を読んでみたい」という方はまず「無料」でサンプルをご一読ください。