シェアする

成果はアピールすべきか、しないべきか?

シェアする

Running

成果を強くアピールしたくない

自分たち(自分)の成果を強くアピールしたくないんですよね

2週間ほど前だったか。
ある起業家の方がそう話していた。

成果をどれだけ上げたとか。
どの程度、売上を上げたとか。
どのような企業と取引があるのか、など。

そうした成果をお客さまに伝えるのは

カッコ悪いですよ

そう彼は言っていた。

でも彼の話を聞いていくと……

実際にはそれらをお客さまに伝えた方が売れるので、それを伝えてます。

本当は嫌なんですが

と話していた。

さて……、あなたはどう思いますか?

アピールはカッコ悪い、のか?

カッコ悪い」という気持ち。

その気持ちは確かにわかります。

自分の企業や自分のことをペラペラと偉そうに話したくない。自己主張したくない人、品の良い人は特にそうだと思う。

1個人としては十分にわかる。

ただ、お客さまの立場になると僕の考えは全く違います。
実は僕は会社員時代。

ある企業のマーケティング部の管理職で10年近くもの間、非常に多くの営業(売り込み)を相手にしてきました。

おそらく、普通の人が想像を絶するほどの売り込まれた経験があります。

ほとんどの営業マンは……

これをやれば、成果は確実にあがる

本気でコミットします

などと未来のことを調子よく話し、約束してきます。

その言葉がホンモノかどうか、その提案内容や直観で探ることもあるけど。

自分自身を納得させる意味でも。

上司などの「本当にこの企業は成果を上げられるのか?」という社内を納得させる意味でも。

どうしたって、どれだけの成果をあげた人なのか、企業なのかが重要になってきます。

(企業以上にその営業マンや専門家と付き合いたい場合はその彼らがどれだけのことをしてきたのかが重要になります)。

以前の僕のように「売上」や「CPA(顧客獲得単価)」が目標であれば、どれだけ売上を上げてきたのか、などです。それをどのようにやってきたのか。

そうした成果を聞くことは重要だ、どこではなく「必須」でした。

「恥ずかしいヤツ……」は本当か

結局、「これだけの成果を上げてきた」ということを「そんなコトを自分から話すなんて恥ずかしいヤツ……」「自慢ばかり」などと思う人もいなくはないだろうけど、それはその商品やサービスを本気で検討していない第三者だと思う。

当時の買い物は高いモノだと数千万円を超える広告でした。どれだけの成果を上げられるモノなのか、成果を上げられる人なのか、それを見ず、それを聞かずに買ったことは一度もありません。

仮にGoogleなどの超大手企業で既に実績が伝わっているところであれば、それを聞く必要はないという人もいるかもしれないけど。中小規模の企業は伝えることが重要だと思う(僕の場合、Googleでも伝えてほしいですが 笑)。

ちなみに先日、ある大手企業との打合せの時。

先方の社員の方がある企業との取引開始を説明されていた。その時も「このAという企業はXという分野で成功されていて……」などと(A社があげた)成果のことを社内で話していた。

これも「成果」をアピールしたからこそ、社内でアピールしてもらっているわけです。

そうしたことを聞く度に、過去や実績、成果を伝えることが重要だな、と思ってしまう。

もちろん、伝え方の問題はあるのだけど……。

中小規模の企業であれば、特に必要なことだと思います。