シェアする

生命保険を驚異的に販売する人のたった1つの理由

シェアする

Group of happy business people clapping their hands

驚異的な販売力

生命保険を驚異的に販売している方がいます。

「営業の本を出した方がいいんじゃないですか」
そう思ってしまうほど驚異的な方です。

その方から「ネットでビジネスを展開したいので、色々教えてください……」と言われ、先日、焼き肉を食べに行きました。

でも、僕は大好きなカルビを食べることよりも、自分が教えることよりも、彼の話を聞くことに夢中だった。

生命保険の販売のみをずっと続けるというのは本来キツイ……。

親戚や知人、何らかの関係がある人、そうした人を訪問し営業していく。うまくいかないパターンだと、そこから先がなくなり、一瞬だけ売上が上がっても時間の経過と共に「あんまり売れなくなったな……」となってしまう。

まぁ、別のビジネス、たとえば、生命保険以外の損害保険や他のビジネスがあって、顧客基盤がしっかりしているなら、まだうまくいく可能性があるけど、生命保険の販売のみの場合はそこから先が続かなくなる。

「お客さんがいない……どうしよう」となってしまう。

マジメな話、だからこそ、長期間、高い成果を出し続けた彼の営業はとても貴重なものだった。で、僕は彼の話をひらすら聞いてました。

彼の営業の秘密

……ただ、実際に聞いた内容は色々ありましたが、一言でいえば、非常にシンプルなものでした。

あたり前のことを誰にもできないレベルまでやる

……でした。たとえば、「絶えず、連絡をとる」ということ。

この場合、できれば、メールやネットではなく、電話や直接訪問したり、一緒に食事をしたりする。ほんの少しの時間でもいいから、継続的にそれを続けると話していました。

生命保険の場合、季節だったり、結婚や出産など保険に入るタイミングが人によって違います。だから、その間、絶えず連絡をとる。

「すると、ある時、『保険のことで話があるんだけど』と連絡が来るんです」

そう彼は話していました。聞けばシンプルなのだけど、大抵の人はコレができない。

僕は以前、ある企業のマーケティング部の管理職で非常に多くの営業マンから営業を受けていましたが、大量のメールがあらゆる企業から届きます。

メールなど多い時は数百通なので、ほとんど読まないし、印象にもほとんど残りません(僕の例は個人とは違うけど……)。

でも、わずかな時間でもいい。5分だけでも「ちょっと寄りました」という訪問は強く印象が残ります。

彼の話を聞いていて、「確かにそうだった」と当時のことを思い出していました。毎週通い続けた営業マンの方の多くは今でも付き合いがあるし、今も仕事を一緒にしている方もいるのだから。本当に強い力をもつのだと思います。

本当に当たり前のことなのだけど、非常に重要です。

あたり前のことを誰にもできないレベルまでやる