シェアする

信じる力が足りないという人

シェアする

rock climbing is fun!

信じる力が足りないという人

「自分には信じる力が足りない」

よくそんな言葉を聞く。

「目標を達成できる」と信じる力が(その方には)足りないと言う。

経営者であれ、担当者であれ、個人であれ、その人の信じる力が重要なのはどれも同じ。

ただ僕が色々な人を見てきて感じるのは……

自信がない人たちが「信じる力がない」というのは違う。

そうではなく、彼らは信じる力は持っている。

ただ「達成できない」と信じている。

担当者であれば「やってみます」と言いながら、

「まず達成できないだろ」と信じている。

経営者や個人の場合、「目標を達成したい」とは考えている。

でも心の中では「達成できない」と信じている。

すると知識や情報などまず意味はなさない。

「できない」「成果は得られない」と信じているのだ。

行動せず、まず達成できなくなってしまう。

逆に言えば、達成できないと信じるからこそ行動しない。

彼らは行動力がないわけじゃない。

彼ら自身が実現できると信じる価値に対しては行動する。

映画を観に行ったり、買い物をしたり、

好きな店に対しては3時間を超えるような行列に並ぶことだってできる。

行動はしているのだ。

ただ「成果が得られない」と信じていることに対して行動できない。

もちろん、ハードルが高い目標の場合、

目標を実現できると信じている人でも不安を感じることも焦ることも避けられない。

でも「うまくいかない」と信じている場合、難しくなってくる。

解決する方法はいくつかあるけど、

まず自分が何を信じているのかを知ることが最初のステップだ。

いかに優秀と言われる人であっても「うまくいかない」「できない」と信じていたら、

まずそのとおりになっていく。いかなる知識も情報も無駄になっていく。


質問:あなたは目標を実現できると信じているだろうか?