シェアする

起業で「成功する人」に見られる1つの要因

シェアする

Norwick surf

以前からご紹介している創業初年度で年商2億に達したFさんとは別に、もう一人、マーケティング面のアドバイスをさせていただいているFさんという方がいる(名前は全く違うのだけど、イニシャルにすると同じになる。ややこしいのだけど……)。

このFさん。創業して1年が経過し、数ヶ月が経過したところ。現在、売上は前年同月比で350倍くらいになっている。要は昨年の同じ月の売上と比較すると、350倍の売上になってるってこと。

もちろん、創業当初の売上は大したことがないので、伸びるのは当然だけど、それでも驚異的な数字だ。僕自身も、とても驚いている。とても順調にビジネスが成長している。

僕は彼らのような高い成果をあげる起業家の方の「本当」のところを常に探っている。アドバイスしつつも、「なぜ、彼らが驚異的な成功を遂げるのか……」、それを考えている。

すると、成功する要因にはいくつかの要素があるのだけど、そこにとても重要な要素がある。その一つが……

「チャンスの波」に乗ること

Central Coast Surfing

「チャンスの波なら、最初から乗りたい……」そう思う人も多いだろうけど、この波はスタート時点ではあまり起きない。サーフィンでいうと、砂浜にいる状態であり、そこから海に入った瞬間だ。波などほとんど起こらない。

昨日、そのFさんと連絡をしていて、Fさんが「●●社からも話が来ました」と話していた。やや内容をボカしているのでわかりづらいけど、超大手企業との取引の話だ。

まあ、話を戻すと、高い成果が上がってくると、そこに見合った「チャンスの波」が訪れる。Fさん自身も以前では考えられないような大きな話が次々と転がり込んでくる。超大手企業との取引の話やその他、さまざまなチャンスが。もちろん、注意は必要だけど……。

チャンスの波に乗れ

そのチャンスの波に乗り、その目の前の仕事を覚悟をもってやり遂げるとさらに大きな「チャンスの波」がやってくる。これは僕が見てきた起業家の方、ほとんどに見られる傾向だ。逆にいえば、スタートは最もつらい。そして、大抵がココを乗りきれない。

箱根駅伝で勝利した青学の原監督の言葉はまさにそうだと思う。

「就任11年目ですけど、本当にあっという間でしたね。苦労したのは最初の5年。箱根に初出場するまで。軌道に乗ってしまえばそうでもない」

最初が最も大変なのだ。チャンスの波は来ないし、成功の兆しも見えない。これからスタートする方やほとんど成果が上がっていない方は今がその状況なのだと思うことだ。

成果を上げる人に手伝ってもらえ

I wanna hold your hand

そこで大切なことの一つは既に高い成果を上げる連中に手伝ってもらうことだ。仕事は学校のテストなどとは違う。自分でやろうとせずに手伝ってもらえばいい。

これをやらずに経験もないのに自己流で行くと、いつまで経ってもうまくはいかない。驚異的な成果を上げる方のほとんどはその最初の段階を自己流ではやっていない(自分自身でかなりの経験があるか、色々な人に手伝ってもらうか、だ)。

僕の周りを見ていても僕に頻繁にアドバイスを求めてきたり、その他の方に手伝ってもらったり、それで大変な時期を乗り切っている。「できる人」に協力してもらい、最初の段階を乗り切り、「チャンスの波」に乗る。

すると、さらに「できる人」が集まってくる。そうして、次の大きな「チャンスの波」に乗る。それを雪だるまのように大きくしていく。

追伸:これは最近、強く感じることの一つです。最初が本当は最も大変なのに、そこを「売れない商品(大抵は売れる形になっていない)」やプロモーションで、しかも限られた労力、時間、資金で勝負する。

その超難易度が高いことを自己流で行くのは非現実的。かなり経験があり、成果をあげた人に手伝ってもらった方がいいと思う(僕を売り込むとかじゃなく、本心からそう思います)。

スティーブ・ジョブズの「世界を変えた力」が対話形式で無理なく自然に手に入ります

『世界を変える「自分」になる19の法則―スティーブ・ジョブズの教え』

「最高のビジネス哲学書 ★★★★★
複数の会社の運営に携わっている立場からみても、刺激的でかつ共感できる内容。
年齢的に早い段階でとにかく読むことをお薦めします!」